プリントショップ サン オフィシャルブログ

January 20181 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

Category印刷のこと

日本舞踏最大流派花柳流 美好会プログラムパンフレット制作

20 Jan,2018

日本舞踊の花柳様よりご注文を受け
国立小劇場で開演される
第61回芳美会のプログラムパンフレットを
作らせて頂きました。


DSC07738.jpg


お客様から、必要な写真と文字情報をワードで頂き、
デザインレイアウト。

表紙に関しては、イラストレーターが
ウグイスと梅を水彩画で描き、
バランスをとりながらレイアウトをしました。

イラストの場合、デジタルではないので、
描いていくと後戻りがもちろんできません。

先に鉛筆の下書きに少しだけ色付けしたイメージ見本をお見せして
ご了解を頂いた上で、
本番の制作を進めました。

DSC07730.jpg


本文については、モノクロ印刷。
人の写真は、暗すぎても雰囲気が沈むし
明るすぎてもおかしくなるので、多少調整が必要です。


文章は、頂いたワードのデータを使いつつ
文字のサイズ、行間、ページの構成など
考えながらレイアウトしていきます。


文字の間違いがないか、写真の間違いがないかなど確認して頂き、
版下デザインがOKになったところで、
印刷の段取りに進みます。

触った感じがしっかりしている厚手のマットコート紙に印刷。
形が横長の中綴じ加工をして仕上げました。


会場にいらっしゃったお客様が受け取ったパンフレットを
開演前に眺めます。
演目が変わるごとに目をやり、
そして持ち帰って想い出しながら、パンフレットを眺める。


長く手元に持ってもらうパンフレットだからこそ
お客様に伝えたい事が明確に伝わるようにしたいですね。

DSC07741.jpg


DSC07739.jpg


DSC07736.jpg


Category印刷のこと

ミシュラン2つ星 豪龍久保様のショップカードを印刷

18 Jan,2018

西麻布の日本料理店 豪龍 久保様の
ショップカードを印刷させて頂いています。

IMG_7534_2.jpg

食材だけでなく、料理を彩る器などにもアンティークから現代作家のモノが使われ、
細部にまでこだわったお店。

こだわりをお持ちで日本料理というと
さも頑固な職人気質の方をイメージしてしまいますが
とっても話しやすい
いい雰囲気をもった店主の久保さん。
その久保さんが書いた書を
スキャニングで取り込みレイアウト。
神聖なイメージを出すことのできる引き締まった黒を下地に引き
龍の字の右部分をデザイン的に表現しています。


裏面の情報は、お客様がパッと見てわかるように
地図と住所連絡先と営業時間を記載しました。

台紙は、手に取った時に手触り感と
しっとり感が感じられる紙を選んでいます。

ショップカードはお店でお客様が受け取り、
次回また予約したい、
またお店に行って良かったと
他の人に紹介し易いアイテムの1つです。


ミシュラン2つ星をとられている
豪龍 久保はこちら↓↓↓
http://www.goryu-kubo.com


reservation.jpg

Category印刷のこと

受取った相手がわかり易い名刺 記載内容について

27 Oct,2017

名刺を作る時に(デザイン、制作など)
何を記載していけばいいのか、どのように作っていけばいいのか
受取った相手にわかりやすく伝わるための
ポイントを紹介させて頂きます。
DY028.jpg


名刺の役割を考えてみると
まずは名刺交換するときに
会話のきっかけになったり、自分の印象を相手にまず残すためにあります。
また次のビジネス展開で、連絡を取りたい時に使われるためにあります。

なので、第一に
「わかりやすく」をイメージしながら作る事を考えて頂きたいです。


一般的にビジネスをされている方の名刺で、
記載させれる内容は、
1.会社名
2.肩書き
3.氏名
4.郵便番号 住所
5.事務所の電話番号、ファックス番号
6.メールアドレス
7.企業ロゴ

それにプラスとして
8.携帯電話番号
9.ホームページアドレス
10.会社の事業紹介 会社のPRや理念 
11.支店、各事業所の連絡先
12.自己PR 資格、信念、趣味
13.顔写真
など

91o×55oの四角の中で、上記内容をデザインして記載する方法は、
表面と裏面を使って無限大ですが、
わかりやすく読みやすく、そしてセンス良くいきましょう。
自分が一番大切にしたいこと、相手にどう伝わって欲しいかを考えましょう。

ついつい色々と情報を盛込みたくなってしまうものですが、
片面にたくさんの情報(上記1〜13まで)
をいっぺんに盛込みすぎると
どこを見ていいのかわからず、目が泳いでしまい、
また字も小さくなり、伝わりにくくなります。
SY016%20dame.jpg

片面で表現するのであれば
多くても9のホームページアドレスぐらいまでですね。

1〜13までを沢山盛込みたいのであれば、
両面を使用した方が、わかりやすく見易くなります。

シンプルさを追求していき
ただ連絡がつけばいいと考える方は、
名前、電話番号、メールアドレスのみでも十分。


SY016%20seikai.jpg

また表記で注意した方がいいのは、メールアドレス。
最近の連絡をしあう傾向として、まずはメールのやり取りからが多くなってきています。

メールアドレスはなるべくシンプルで、入力しやすいアドレスにした方がおすすめです。
−ハイフンなのか、_アンダーバーを多用しすぎると、どちらかわかりにくかったり、
gooooood@◯◯.co.jpのようにoが何個あるのかわかりににくいなどは、気をつけたいところです。
入力するのに面倒だなと感じさせない事がコツです。

その他、会社のロゴマークが有ると無いとでは、
会社の印象がかなり違いますので、
ロゴがない方は、作成する事をおすすめします。

自分の分身となる名刺は、
レイアウト記載だけでも
色々と気を使ってみましょう。
そして、名刺を受取った方と
ズムーズに次回連絡を取り合う事ができるようにして
ビジネスを発展させていきたいですね。


名刺の記載内容に関して、どうすればいいのだろうと悩まれる場合は、
店頭スタッフにご相談ください。


台紙が選べる名刺の注文はこちらから↓↓↓
http://www.p-sun.co.jp/meishi/

名刺デザインの考え方について知りたい方はこちらから↓↓↓
http://www.p-sun.co.jp/meishi/column/design.html


ページTOPへ
印刷のことならプリントショップ サン
スピード名刺印刷
RSS
東京都渋谷区の印刷会社 プリントショップサン

TEL:03-3476-0307 FAX:03-3496-0476

営業日
平日9:00〜18:30
土曜日9:00〜17:00
定休日
日曜日・祝日
第1・3土曜日

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1F

渋谷駅すぐ近く アクセスマップはこちら

Copyright(C) 渋谷の印刷会社 プリントショップサン