プリントショップ サン オフィシャルブログ

November 20191 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Category印刷のこと

年賀状は、年末に向けての使命!!

09 Nov,2019

先日、幼なじみ数人で男女あわせ6人ぐらいで飲んだ時のことです。
幼なじみの中に、ステーショナリーのデザインを手がけるデザイナーの女性がいます。
その女性ともうひとりの女性が何年かぶりに会っての会話中に僕もいました。


お互いに年賀状だけはやりとりしていたようでした。
「いつも素敵な年賀状をありがとう!!年賀状のやり取りも減ってきているので、
あんな素敵な年賀状をもらえるとうれしい」と言われていました。


年賀状使命.jpg


そのデザイナーの女性は「年賀状などの紙をしっかり伝えていくのは、我々の使命よね」
と私に同意するように言っていました。
その時「そうだね我々の使命だよね」と言ったものの、あとから改めてハッとしました。


私は印刷屋という商売柄、年賀状は大切な文化であり、
また、紙の良さを伝えていくことは大切だという気持ちがあります。
ただ、あえて口に出して、
それが我々の使命だと言い切る事をした事がありませんでした。


「使命」。
改めて、口にしてみて心に深く突き刺さるものがあります。


最近は、メール、LINE、Facebook、instagram、などのデジタルツールがあり、
Youtube、スマホのゲーム、ネットサーフィン、などなど
デジタルの情報があふれているなか、ほとんどの方がその中で生きていると思います。


よく言われるのが、ここ10年で600倍以上の情報量の増加。
しかし、その情報を全て理解できるように人間の成長はそこに追いついていません。


印刷もデジタルツールによって、スムーズに印刷する事ができるようになりました。
お客様とのやりとりもメールでPDFやら画像やら、またはLINEでということもほとんど。


そんな便利な世の中で、我々の使命は、紙の良さを伝える事。
紙に印刷されたもの、紙を使ったもので、コミュニケーションされる良さを再定義して、
お客様に伝えていくことではと思います。


わざわざ年賀状の事が、会話に出て来るぐらいなので、
年賀状が貴重なものになりつつあるのかもしれません。
しかしながら相手にとっては印象に残るコミュニケーションツールです。


特に年賀状というアナログなコミュニケーションは、
手で触れて、もらった相手の手書きの字を確認して、
温かさを感じながら相手の近況を知ることのできる、
最強のコミュニケーションツールではないでしょうか。


もし、あなたが何でもメールやLINEなどで、簡単に挨拶をしてしまっている様であれば、
たまに、あえて一言添えて年賀状を送るということも考えてみてはいかがしょうか。
相手からの印象が変わります。


P.S.
我々プリントショップサンは、これから年末に向けて年賀状で慌ただしくなりますが、
お客様が無事に新年のご挨拶ができる様、精一杯努力させて頂きます。
プリントショップサンの年賀状は↓↓↓
https://www.p-sun.co.jp/newyearscard/index.html

Category渋谷のこと

屋上必見!!渋谷スクランブルスクエア

02 Nov,2019

先日11月1日オープンを前に、渋谷スクンブルスクエアの内覧会に行ってきました。

スクランブルスクエア.jpg


今、2030年までかけて渋谷駅周辺は100年に一度と言われるほど、東急電鉄が大規模開発を行っています。数年前に東急文化会館からヒカリエ、昨年は渋谷ストリーム、今年渋谷スクンランブルスクエアと渋谷フクラスが開業します。


渋谷スクランブルスクエアは、渋谷駅のほぼ真上47階建て高さ約230m。スクランブル交差点から見てズドーンと空に向かって伸びています。


東急電鉄さんからお誘い頂き、道玄坂商店街、街の仲間と
天気の良い日を選んで見学に行ってきました。
なぜかというと「SHIBUYA SKY」という展望デッキがあるからです。
せっかくなら天気良い時でないと。
https://www.shibuya-scramble-square.com/


2階で受付をし、その後エレベータで14階に。
そこからまた展望階に向けてエレベータを乗り換えます。
乗り込んで扉が閉じた瞬間に真っ暗になり、天井に光の演出があり、上に向かって行くという気分になります。45階に到着、もう1つエスカレータで46階にあがります。
そこには、大きなガラスでグルーっと囲まれた空間があり、一気に視界が開けます。
下を見ると渋谷の駅の真上でした。いつも働く道玄坂エリアが一目でわかります。


ぐるーっと一周した後、さらにその上47階へ。
「SHIBUYA SKY」と呼ばれ外に出れます。
人工芝が敷き詰められたヘリポートがある一番上へのぼりました。
近年の高い施設で、なかなか外に出れるところはありません。
風を感じ、空を感じ、360度の東京を見渡すことができるので、東京のど真ん中にいる気分を存分に味わえます。


その時考えたこと。
自分が生まれ育ち、現在印刷業を営み働き、道玄坂の街の活動をしている、思い入れの強い渋谷駅の真上から、東京中を見渡すことができる。
なんて素敵なんだろうと感慨深いものがありました。
というのも、今まで、新宿やら六本木などの別のエリアから「あっちが渋谷だな」なんて言いながら眺めるぐらいしかなかったのですから。


その後、下のオフィスフロアの見学し、プレオープンしているレストランフロア、ショッピングフロアをざっと見ました。どこも素敵なお店ばかりでした。
渋谷駅のランドマーク、渋谷スクランブルスクエアができた事で、渋谷の価値がさらにぐんと上がります。


ただ、道玄坂で印刷屋プリントショップサンを営み、また道玄坂青年会として活動している私は、街の魅力も上げていかないといけないなと改めて思いました。


PS.「SHIBUYA SKY」のチケットは2,000円かかりますが、一度はのぼって見学頂くことをおすすめします。
https://www.shibuya-scramble-square.com/

Category印刷のこと

9割がうれしいと感じる年賀状

26 Oct,2019

「9割以上の人が年賀状をもらって「うれしい」と感じている」
ビジネスマン・OLの"年賀状に関する調査の結果"に出ています。


いよいよ2019年もあと2ヶ月あまり。
来年は、オリンピックイヤーであり、干支の始まり"ねずみ年"ですね。
あなたは年賀状を、毎年お世話になった方、お客様に送られていますか?


年賀状2020_2.jpg


年賀状ご検討の方はサンのホームページからどうぞ↓
https://www.p-sun.co.jp/newyearscard/index.html

歴史をさかのぼると、年賀状は平安時代ごろからあるようです。
もともとは、お世話になった人や親戚に
年始のご挨拶として伺い、顔を出し、挨拶して回るところから、
手紙にて挨拶するようになったのが年賀状の由来。


今でも、会社の年始のご挨拶まわりや親戚同士の集まりでの挨拶はありますね。
明治に入り郵便事業の発達とともに、年賀状がより活発にやり取りされるようになりました。


時代が進み、ここ数年では年賀状を「出す」人は、過去最低を更新して、
ついに 7 割前半になったとも言われています。
その理由の一つには、SNSという便利なツールがあります。


調査の中には、年賀状を出す理由と出さない理由があります。
●年賀状を出す理由として、
第1位 新年の挨拶として 78.7%
第2位 日頃、御無沙汰しているので 44.4%
第3位 お世話になっている(なった)ので 30.8%


●年賀状を出さない理由として
第1位 準備が面倒 55.2%
第2位 メールで代用 50.0%
第3位 LINEで代用 31.9%
とあります。


あなたがもしお仕事をされていて、日頃お世話になっている方がいて、
今後もお仕事を頂くことがあるのであれば、年賀状を出すことをお勧めします。


なぜなら、冒頭に記載しているように、
「9割以上の人が年賀状をもらって「うれしい」と感じている。」
から。


自分が出さなかったとしてもです。
さらに、「メッセージ」や「デザイン」など、
出す人のオリジナリティも気にしているようです。


年賀状は、紙のアナログなツール。


デジタルが進んで、
メールやSNSがあたりまえになりつつある情報過多な時代に、
あえて、手触り感のある手紙"年賀状"を送ることは、
受け取られた方に少なからず「うれしい」という気持ちが
芽生えることは間違いがありません。


あなたの仕事先のお世話になっている方に、
あなたの印象を少しでも残すのであれば、
年賀状にメッセージを一言書いて送るだけです。


もし、普段仕事が忙しいのに準備するのがとても面倒という方は、
プリントショップサンの年賀状サービスをご利用下さい。↓
https://www.p-sun.co.jp/newyearscard/index.html


店頭で相談ができ、その場でご注文いただけます。
また、
・150種類以上のデザインサンプルをご用意しています。
・必要な情報会社名名前連絡先を教えていただければ、バランスを整えてデザイン配置。
・10枚の少部数でも印刷注文ができます
・面倒な宛名印刷も同時に注文することができます


40年近く道玄坂で店舗を構え、
渋谷で働く方々のお仕事のサポートとして印刷をしてきた
プリントショップサンは、
なるべくお手間をかけないように、年賀状印刷をお手伝いしています。


お世話になった方、これからもずっと繋がっていたい方に、
年に一度のこの機会に年賀状を送ることを忘れずにお勧めします。


年賀状ご検討の方はサンのホームページへどうぞ↓↓
https://www.p-sun.co.jp/newyearscard/index.html
【早期受付割引キャンペーン!!】
11/8まで20%OFF 11/30まで10%OFF
チラシは店舗にてお配りしています。
ご注文は、店頭または、お電話、メール、ファックスにて承ります。

ページTOPへ
東京都渋谷区の印刷会社 プリントショップサン

TEL:03-3476-0307 FAX:03-3496-0476

営業日
平日9:00〜18:30
土曜日9:00〜17:00
定休日
日曜日・祝日
第1・3土曜日

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル1F

渋谷駅すぐ近く アクセスマップはこちら

Copyright(C) 渋谷の印刷会社 プリントショップサン